HOME > 古月和尚
NEWS

古月禅師と言う和尚さんが実在しました

弊社の名前は古月と申しますが、古月と検索いたしましたら、古月禅師と言う和尚さんを見つけ何かこのお墓の仕事に運命を感じました。

古月禅師は、「東に白隠・西に古月」と称された名僧で、寛文7(1667)年9月12日に佐土原領内佐賀利に生まれました。姓は金丸氏。各地で修業を重ね、宝永元(1704)年5代藩主惟久に請われて大光寺42世の住職になりました。

禅師は行学兼備の高僧として知られ、駿河国松陰寺の白隠とともに禅宗再興の双璧といわれました。

85歳でこの世を去った古月禅師は桃園天皇より「本妙広鑑禅師」の称号を賜りました。

簡単な言葉で禅の精神をわかりやすく庶民に広めようと、古月禅師が作った「いろは口説」は、盆踊り歌として今でも親しまれています。


所在地: 佐土原町下田島佐賀利