HOME > お線香に注意!
NEWS

皆様の香炉は大丈夫ですか?

私は、お墓を買って頂いた方にはお線香についてのアドバイスをさせて頂いております。


皆様お線香をお寺や霊園の管理事務所で買われると、紙で包まれた束のお線香にそのまま火をけて香炉に置かれてお参りされる方が多いと思いますし、多い方が供養になるのではないかとお思いの方もいらっしゃるかもしれません付。


実は、お線香を沢山たかれる事は石にとっては良くない事ですし、仏教の教えでも沢山お線香をたきなさいとは教えておりません。


お線香をたくのはお線香の煙に乗って天国に思いが届くと言うもので、1本でも煙が出れば良いのです。

この写真は未使用の香炉で中に入ってるステンレスのお皿にお線香を乗せて使用します。

この香炉はそんなに古くないですし、上の未使用の香炉と同じ石ですがお線香の焚きすぎでヤニが付いて茶色く変色してしまい、さらに縦にヒビが入ってしまいました。

黒御影石の香炉は少ないお線香でも熱を吸収していまい、割れてしまう事がございますので要注意です。


対処法はステンレスのお線香のお皿に屋根が付いた物がございますのでそれだと石に熱が直接伝わらないので香炉が保護できます。


香炉を買い替えると数万円かかってしまいますが、屋根付のお皿なら1万円程度ですみます。


お線香の茶色のヤニは一度付いてしまうと落とせません。


ヤニはお墓の味と思う方であれば良いのですが、せっかく新しくお墓を建てるのであればいつまでも綺麗にお使いになって頂きたいので、お線香の料にお気を付け下さい。


お線香を減らすとお墓にも、お財布にも、地球にも優しくなります。