HOME > 墓地の種類について
NEWS

墓地の種類について

墓地にはいくつか種類がございます。その種類は大きく、公営墓地、寺院墓地、民営墓地の3つに分けられます。それぞれの特徴をご紹介します。

◆公営墓地◆

公営墓地とは、都道府県や市町村などの地方自治体が管理・運営している墓地のことをいいます。管理費や永代使用料が安いうえに永続性も保証されている、非常に人気の高い墓地です。公募や抽選で当選することによって取得が決まります。宗旨・宗派問わず応募が可能です。しかし非常に人気が高いために競争率が激しく、また募集期間が限られ条件も厳しいため、取得するにはかなりの困難を極めます。

◆寺院墓地◆

寺院墓地とは、文字通り寺院が管理・運営する墓地のことをいいます。寺院にお墓を持つためには、そのお寺の檀家になることが義務付けられています。そして檀家になれば、当然そのお寺の宗旨や宗派に従うことになります。時にはお寺の行事への参加を求められることもあるかもしれません。 しかしながら檀家となり寺院と関係を密にすることで、代々手厚くお祀りしてもらえますし、管理も行き届いているため安心です。また、比較的交通の便の良い場所にあることが多く、通うには便利というメリットもあります。

◆民営墓地◆

民営墓地とは、公益法人や宗教法人などが管理・運営している墓地のことをいいます。宗教法人が経営していても、宗旨や宗派を問わず販売していれば、それは民営基地と呼びます。
テレビのCMなどで霊園が紹介されますが、そのほとんどがこちらのタイプです。条件や制限もなく比較的入手が容易、墓石デザインを自由に選べる、駐車場などの設備が充実している、このような民営ならではの様々なメリットから、多くの方に選ばれています。
しかし、管理・運営者がしっかりしていないと思いもかけないトラブルに巻き込まれる事もございますので注意が必要です。

豊島区や台東区、渋谷区付近で墓地をお探しの方は、都内のお墓・霊園・墓地のポータルサイト、古月をご利用下さい。墓地の選び方はもちろん、お墓の購入時期や管理の仕方など、どんな些細なこともお気軽にご相談下さい。