HOME > 東京でお墓をお探しになるなら
NEWS

東京でお墓をお探しになるなら

65歳以上の高齢者が4人に1人という超高齢化社会を迎えた現代では、日本経済の不況と少子化、核家族化などの様々な社会問題により人生のエンディングに不安を抱えている高齢者の方々が急増しています。

そのような背景もあり、「認知症になり家族に想いが伝えられなくなったらどうしよう」「遺産相続のトラブルを避けたい」「多額に掛かるお葬式やお墓の費用を家族に負担させたくない」「長く住んできた家の荷物や思い出の品を整理しておきたい」「今までお世話になった方に最後のお別れを告げたい」など、様々な理由で人生のエンディングを自分自身の意思で決めたいと考える高齢者の方が増えています。

そのため、昔は縁起が悪いと敬遠されていた風潮の「終活」が現在では大変注目を集めているのです。 家族に負担をかけたくないという想いももちろんあると思いますし、最後まで自分らしく生きていたいという想いもあるのではないでしょうか。

そんな終活の一環として、自分自身が眠るお墓をお探しになる方もいらっしゃいます。 場所はどこが良いのか、公営霊園・民営霊園・お寺の墓地の違いやメリットはどんな点なのか、どれくらいの費用が掛かるのか、お墓の継承はどうするのかなど、人によって気になるポイントやこだわりの条件は数多くあると思います。

東京都内で終の棲家であるお墓選びをご希望の方は、古月にご相談下さい。価値観やライフスタイルの多様化する現代の日本では、お墓だけを見ても様々な選択肢があります。そんな幅広い選択肢の中から、このお墓にして良かったと思えるような選択をするのは難しいと思います。

そこで古月では、幅広い知識と豊富な経験を兼ね備えたスタッフにより、お客様のご希望の条件に沿いながら二人三脚で「良いご縁」をサポートできるよう努めさせていただきます。お墓の価格について気になる方も多いと思いますが、選択肢によって異なりますので、まずは一度ご相談下さい。