HOME > お墓リフォームの目安
NEWS

お墓リフォームの目安

お墓は、先祖代々・子々孫々へと永続的に継承されていくものです。そのため、長い年月を経て次第に劣化が見られるようになります。将来の継承者のことを考え、自分の代で気になる部分をリフォームしたいと考える方もいらっしゃいます。こちらではお墓リフォームの目安をご紹介します。

◆お墓が劣化する原因◆

お墓に使用される石材の多くは比較的高い耐久性を持っており、建立して数年で壊れるなどのトラブルの発生が少ない素材として選ばれています。そんなお墓も、風雨・紫外線・地震などの自然の力に長年晒され続けることで、徐々に劣化が生じる可能性もあります。劣化は、美観だけでなく安全性の面でも問題が起こりやすくなります。定期的なメンテナンスを行うことで、劣化の早期発見に繋がります。

◆ヒビ割れが起きている◆

雨風や紫外線などによる自然風化が原因で、墓石にヒビ割れが生じることがあります。よく「墓石のヒビ割れは不吉なことが起こる前触れ」などと言われますが、実際は長い年月を経て蓄積された自然の力による風化です。そのため、特に不安を抱く必要はありません。ただ、ヒビ割れを放置すると次第に範囲が広がってしまい、割れや剥がれなどの原因となり大変危険です。ヒビ割れを発見した場合は、その規模に関係なく早めに対処することをおすすめします。

◆墓石のズレ・傾き◆

地震・セメント目地の風化・元々の地盤がゆるい・樹木の根など、墓石のズレや傾きには様々な原因が考えられ、原因によって対処法も異なります。傾きが大きいとちょっとした衝撃でも、墓石が倒れてしまう可能性があります。特に基礎部分に問題がある場合、基礎を強化するために一度お墓を解体するといった大掛かりなリフォームになる可能性があります。ヒビ割れ同様、早急な対処が必要です。

◆付属品が劣化している◆

古い形式のお墓の花立ては、直接石材をくり抜いて作られているものを多く見かけます。小さい花立ては掃除がしづらく、カビや悪臭などを発生させることもあります。花立て以外にも、お墓の付属品が劣化している、使用しづらいなどの場合は、一部分だけをリフォームするのもおすすめです。

古月では、東京都内でのお墓・墓地探しのお手伝いをしております。お墓や墓地の選び方や仏事、永代供養墓など、様々な疑問・質問にお答えいたします。豊島区・渋谷区・台東区などでお墓・墓地をお探しの際は、お気軽に古月までお問い合わせ下さい。