HOME > ペットのお墓事情
NEWS

ペットのお墓事情

いつも側にいてくれた大切なペットが亡くなってしまうのはとても悲しいことです。ですが、ペットのためにも、またご家族のためにもきちんとお別れすることは大切です。こちらでは、ペットのお墓事情について紹介していきます。東京にある古月では、ペットと一緒に入れるお墓についてのご相談にも応じておりますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

◆ペットが亡くなった後に行うこと◆

・遺体を清める

犬や猫の死後は、体が急速に硬直しはじめます。前足と後足を胸のほうへ優しく折り曲げ、なるべく普段の寝姿に整えます。そのあと毛並みを整え、お湯で塗らしたガーゼなどで全身を優しく拭いてあげます。口や肛門から体液や汚物が出てくることもあるので、ガーゼで拭きとります。

・遺体の安置

遺体のお清め後は、ダンボールなどで安置します。体液などで内部が汚れてしまわないように、ビニールシートなどを敷いておくと良いでしょう。次に、ドライアイスとタオルを使って頭とお腹あたりを保冷し遺体の腐敗を防ぎます。外気に触れると腐敗が早まってしまいますので、上からタオルなどを掛けてあげましょう。

・最期を過ごす

ペットとの最後のお別れには、厳密なルールや形式はありません。大好きな家族と過ごせる最後の時間は、飼い主様がしてあげたいことをするのが一番です。お花や写真と一緒に好物の食べ物を供えてあげたり、愛用していたおもちゃなどを側に置いてあげると喜ぶでしょう。

◆ペットの供養方法◆

ペットの見送り方法は、火葬せず自宅の庭に土葬する方法や自治体に依頼する方法、また最近はペット葬儀社に依頼し人間同様に葬儀を行うことも一般的となっています。その他、海や山への散骨や樹木葬、お花畑葬など多様化しています。その中で注目されているのが、ペットと一緒に眠れるお墓です。その人気の理由は、大切なペットといつまでも一緒にいられるということです。家族同然のペットとあの世で一緒に過ごせるということは、安心感と幸福感をもたらしてくれます。

お寺、公営墓地、民営墓地などお墓のスタイルはいくつかありますが、東京都内でペットと一緒に入れるお墓・霊園・墓地をお探しの方は古月をお選び下さい。資料請求や、費用価格などに関するご相談もお気軽にお問い合わせ下さい。